オススメ商品カタログ HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> コミック・書籍・DVD > 雫井脩介 「犯人に告ぐ」








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




クチコミblogランキング TREview
>>オススメ商品カタログ別館はこちら
>>オススメ商品カタログ トップへ戻る
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雫井脩介 「犯人に告ぐ」 

例によりまして文庫本が出たので読んでみました^^;

雫井脩介さんの本は文庫化されたものは全て読んでいますが
これはその中でも個人的にナンバー1かな。
この秋はこの『犯人に告ぐ』と『クローズド・ノート』が映画化されて
元々評判はよかったのですが一気に大ブレイクしている感じですね。

・2004年 週刊文春(ミステリーベストテン)第1位
・2004年 週刊現代(最高に面白い本)第1位
・2004年 大藪春彦賞受賞
・「ダ・ヴィンチ」BookOfTheYear 2004ミステリー&エンタメ 第10位
・2005年版 このミステリーがすごい! 第8位
と…まさに2004年のミステリー界を席巻した作品です。

神奈川県で起こった連続児童殺害事件。
警察をあざ笑うかのような謎の犯人に対して神奈川県警が取ったのは
テレビ局を巻き込んだ劇場型捜査

最初、劇場型というと宮部みゆきさんの『模倣犯』を連想しましたが
こちらは現職の捜査官がテレビ出演するという設定です。

とにかく人物描写が抜群に巧く、ストーリーもテンポ良く進むので
上・下と2巻に分かれていますがすぐ読めました。
ラストは少々拍子抜けですが、フーダニット小説では無いので
これもまたよし。

映画は主人公の巻島を豊川悦司さんが演じるとの事で
まさにピッタリな印象です。
普段は映像化されても原作を読んだら見ないのですが
これは見ようかな?と思わせる作品です。
映画「犯人に告ぐ」

スポンサーサイト




クチコミblogランキング TREview
>>オススメ商品カタログ別館はこちら
>>オススメ商品カタログ トップへ戻る
[ 2007/10/03 18:00 ] コミック・書籍・DVD | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mpapa.blog115.fc2.com/tb.php/39-b55557d0


書評 『犯人に告ぐ』 雫井脩介

 2004年に刊行され、ミステリ好きの間で話題になった作品。その年の「このミス
[2007/09/28 12:23] URL It's a Good Day to Die


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。